家のビワが実をつけたので食べてみた

ビワの実を食べる

家の庭に植えていた枇杷の木が実を成らせたので、ある程度大きくなった2013年7月22日に取って食べてみました。

感想は一言、「酸っぱかった」です。

でもまあ、グレープフルーツやレモンを食べていると思えば、この酸っぱさも結構いけます。

実を取るのが早すぎたみたいですので、十分に熟すまで放って置くことにしたんですが、今度はカラスに食べられてしまいました。カラスには実の熟し時が分かるようです。

ちなみに、なぜ枇杷の木を庭に植えているかと言うと、薬草として興味があったからです。枇杷は別名、「薬王樹」とも呼ばれ、インドなどでは葉や種の部分が薬としても利用されていると、どこかで読んだ記憶があります。いろんな効能がありますので、一本庭に植えてあってもいいかなと思ったんです。

ただ、鉢植えで育てていますので、これ以上の成長は見込めません。もし自分の畑を持っていたら、「枇杷」「柿」「栗」「桃」などを直植えしてみたいですね。どれだけ大きくなるのか興味があります。それに、せっかく自給農業を求めているんですから、野菜や穀物だけではちょっと寂しいので、果物も自分で作って食べてみたいです。

特に「桃の木」は、私の『桃源郷』計画には欠かせませんので、何本も植えたいですね。まあ、半分冗談ですけど。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

▲ページトップへ戻る △トップページへ戻る