ビジネスなどの本格的なサイト制作を目指している人の道しるべ 前編

道楽道サイト

3.「ビジネスや中規模以上の本格的なサイト(通常サイト+ブログ)を作りたい」場合

ここから一気に勉強の量作業の量、そして難易度が高くなると思います。上記1や2の個人サイトを作る場合とでは分けて考えた方が良いかもしれません。初めての方はサイト完成まで6か月間(勉強期間+制作期間)は時間を取った方が良いと思います。

ではそこまでの苦労をして取り組む価値はあるのか?と疑問に感じるかもしれません。私は、半年間時間を確保できるのであれば、学ぶ価値は非常に大きいと思います。自らウェブサイトを制作する利点を、簡単に説明したいと思います。

必要な知識能力まずは、ネットに関する総合的な知識が増えるということです。例えばウェブ制作では、デザインに関する知識、プログラミングの知識、サーバ運用の知識、データベースの知識、ビジネスの知識、論理思考力発想力など幅広い知識や能力が必要とされます。自分に足りない部分を学ぶことで、自らの全体的なレベルアップにつながるでしょう。

他にも様々な視点から物事を考える訓練にもなるはずです。通常サイトを自分で作った経験がないと、そのサイト制作者が「どういう意図でこのようなデザインをしたか?」など考えずに無意識的にサービスを利用します。つまり、サイトを作ることでサービス利用者の視点からだけでなく、サービス提供者の視点も養えるという事です。特にビジネスを考えるなら重要じゃないでしょうか?

サイトを作りたいからとウェブ制作に限定した知識だけを勉強するのは、もったいないと思います。どうせなら一石二鳥、さらに一石三鳥を狙うような意識で勉強すると、得るものは多いはずです。

よろずは当初、サイトを作ろうと思い立った時、記事投稿管理が容易なCMSのWordPressを使って、2か月くらいでサイトを作ろうと思っていました。サイトを勉強する過程で必要になる書籍も、初心者用が1冊、そしてカスタマイズ用に2,3冊勉強すれば十分かな?と、今考えると非常に甘々な予定を立てていました。

当時はウェブに関する知識がなかったですし、サイト制作やサイト管理を含めたウェブ業界全体を見渡せるような本もあまり出版されていなかったので、個別の勉強を通して少しづつウェブ全体の状況を見渡すしかありませんでした。しかし、今は少しづつですが初心者のためにウェブ業界全体を俯瞰できるような本(例えば「WEBデザインゼロからあれこれわかる本」など)も出版されてきたので、特にウェブデザイナーを目指している方にとっては勉強しやすくなったと思います。

前ページの1や2の趣味や日記中心の個人サイトであれば、扱うトピックも少数に限定されているでしょうし、サイト制作とサイト運営の作業量を考慮しても、自分のサイトを作るのはそんなに難しくないと思います。

一方、個人でも中規模以上のサイトや、ビジネスなどでサイトに含めたいトピックがいくつもある場合は、WordPressで標準に用意されている”投稿“や”固定ページ“だけでは、多くの情報を整理したり情報の一覧性などがしにくくなるので、新たに”カスタム投稿タイプ“や”タクソノミー“といった機能を利用することを考える必要が出てきます。

あくまでこの話は運営サイドがサイトを管理しやすいかどうかの話で、サイトを訪れる側から見れば、見た目も利便性も変わらないかもしれません。WordPressに備わったデフォルトの機能でも、中規模以上のサイト制作をすることは可能です。しかし、運営管理する側から見ると、扱う情報が増えていくと管理が大変になっていくと思います。

ですから、自分がこれから作るサイトにどれだけ多くの異なった話題を含めるのか?そして、どれだけ多くの情報をサイトに掲載する予定なのかを、あらかじめ見積もっておいた方が良いです。WordPressのデフォルト機能だけを使用して、異なるトピックごとに小規模サイトを複数制作するというやり方も一つの方法だと思います。もしそれらのサイトをまとめて管理したいのであれば、WordPressに”マルチサイト“という機能があります。やりようによって、運営管理の簡便性を維持しつつサイトの規模を大きくすることは可能です。

他に、ビジネス特有な理由ですと、まず商売ですから結果を出さないといけません。それに、ネットショッピング等の機能も入れるとなれば、セキュリティを十分に考えておく必要があります。ウェブ技術以外にも、法律などネット上で商売する上での関連する知識も知っておいた方が良いでしょう。

一言でまとめると、中規模以上の本格的なサイト制作を考えているのであれば、広範総合的な知識が要求されます。ただし気を付けていただきたいのは、あくまで一人ですべてやろうとした場合です。サイトを何個も作る予定がない方や忙しい方は、外部受注を考えても良いと思います。

ウェブデザインラーニングカーブ

ウェブデザインを学ぶ過程で感じたことは、全体を理解するまでに時間がかかるという事です。

参考までによろずが感じたラーニングカーブの概念図を載せておきます。初心者の頃は勉強していてもすんなり頭に入ってくることが少なく、理解するために時間がかかりました。しかし、初級レベルを脱した頃から急に理解が進むようになりました。多分、学んできた知識群が一つにまとまって、全体の流れが見えてきたからだと思います。ですからオリジナルなウェブサイトを作りたいのであれば、基礎を理解することに時間を割いた方が後々のことを考えると良いと思います。

ここではサイト制作未経験の方が、WordPressを使って一からサイトを作っていく前提で話を進めていきます。実際やってみるとわかりますが、非常に多くのことを考慮に入れて制作していく必要があります。ウェブデザイナーの仕事が一人じゃなく、分業で進められる理由も納得できるかもしれません。

コメント

  • I like what you guys are up too. Such smart work and reporting! Carry on the excellent works guys Ive incorporated you guys to my blogroll. I think it’ll improve the value of my website cagbkbaeeedf

    2014年5月26日 7:08 AM | Johnk979

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

▲ページトップへ戻る △トップページへ戻る