ニワトリのように自然に沿った規則正しい生活スタイルを目指します

朝を迎える日の出

今日お医者さんに行ってきたのですが、診察の中で私の不規則な生活スタイルについて注意されました。そのような生活を続けているから自律神経が乱れて処々の健康問題に繋がっているとのことです。

自律神経とは

自律神経に関しては、こちらの本「間違いだらけの疲労の常識 だから、あなたは疲れている!」でも書かれているんですが、体内で一番疲れやすい組織だそうです。

呼吸、血液循環、消化、吸収、生殖などの機能を調整する神経系で、その中枢は脳にあります。自分の意識とは無関係に24時間動いて生命を維持してくれています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経とは戦闘態勢にいる時に活発になり、副交感神経はリラックスしている時に活発になります。よろずの場合は交感神経が活発になっている頻度が多いと思います。

自律神経の乱れとは

不規則な生活は、本来リラックス状態になるべき時に戦闘態勢状態にさせてしまい、戦闘態勢状態になるべき時にリラックス状態にさせてしまうので、生物としての本能よりも理性を優先させた状態で毎日生きていることになります。これが多分自律神経の乱れを引き起こしている元凶なのだと思われます。

早寝早起きの規則正しい生活は自然の摂理に沿っている

自然農法や自然卵養鶏を学ぶよろずは先生のおっしゃる理屈がよくわかります。ニワトリだって日が昇れば起きて活動を初め、日が落ちて暗くなれば眠るのは動物だったら当然のことです。現在の私の生き方が自然に沿っていないことは前から自覚していましたが、どうしても規則正しい生活ができませんでした。自由な生き方や深夜の静かな環境が好きなこともあるんですが、多分心の中で規則や規律に縛られることに対する抵抗心もあるかもしれません。

いずれにしろ、考えられる可能性を一つずつ潰していかないことには問題解決に繋がらないので、まずは早寝早起きの規則正しい生活スタイルを自らの意志で始めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

▲ページトップへ戻る △トップページへ戻る