重要!! 考察ページ等に貼られている書籍購入リンクについてお知らせ

お知らせ

本棚にある書籍をテーブルに並べた

本題に入る前にまず、当サイトで紹介しているアフィリエイト広告リンクから、書籍や商品等を購入していただいている読者の方々に厚くお礼を申し上げます。得られた報酬(購入金額の1~3%)は、サイトの運営費や新たな書籍購入等に充てています。

ページの内容と紹介されている書籍の内容が合わない?

主に考察系のページに貼られているアマゾンの書籍購入リンクについて、お知らせしたいことがあります。というのも、購入リンクとして紹介されている本を買ったのに、ページに書かれている特定の内容が本に載っていない、という可能性がある事に最近気づいたからです。もし、記事に書かれている内容と全く同じ内容を期待して本を購入された方がいらっしゃいましたら、この場を借りて謝罪いたします。

なぜそういうことが起きるのかを弁明させていただきますと、例えば『陽明学』の「抜本塞源の論」がページ内に書かれているとします。そこで「抜本塞源の論」についてより詳しく知りたい、ということで書籍リンクから『陽明学』に関係する書物を購入した場合、そのことについて全く触れられていなかった!というケースが生じます。なぜかと言うと「抜本塞源の論」が掲載されているのは完全版の『伝習録』のみだからです。同じ『伝習録』でも初心者向けで下巻のみしか掲載されていない書物の場合は、当然中巻に書かれているはずの「抜本塞源の論」は載っていない事になります。

基本的に当サイトの考察系のページは、まず最初に書きたい記事を完成させてから、その後で私が保有している書物の中でその記事に関係があると思われる書籍をピックアップし、さらにその中からお勧めだと思うものだけを購入リンクとして貼っています。したがって、紹介されている本の内容が必ずしも記事の内容とぴったり合うとは限りません。

情報ソースが特定し難い

それとここ一年に限って見ても、軽く100冊以上の本を読んでいますので、正直どの内容がどの本に書かれていたかまでは詳しく覚えていない、ということも原因としてあります。また、例えば『老子』という本でも、老子のことがすべて書かれているわけではなく、『陽明学』や『孔子』に関する書籍に「老子」について付随的に言及されている場合があるので、情報ソースを特定することが非常に困難なケースもあります。

個別の本の感想を書いている「書籍のレビュー」ページを除いて、私は今までに特定の本をベースにして考察系の記事を書いたことはありません(書きたい話題があることが前提です)ので、どうしても購入先リンクとして紹介した書籍と記事の内容が完全に一致しない事態が生じます。

大雑把なカテゴリーで書籍を紹介

当サイトでは『陽明学』『孔子』『老子』など、大雑把なカテゴリー枠で個人的にお勧めの書籍を紹介していることを、あらかじめご理解いただければと思います。それでも良ければ、リンク先から購入してくださると助かります。もし、ページ内に書かれた特定の内容に言及されている書物をお探しの際は、コメント欄にご質問していただければ、私がわかっている範囲に関してお答えすることも可能です。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

よろず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

▲ページトップへ戻る △トップページへ戻る