今後の韓国とどう向き合うのか?

気になるニュース

japan-korea-map

初めに

最近、日本と韓国の関係が急速に悪化しています。靖国参拝が原因だと言う人もいますが、私はそう思いません。今まで韓国がどれだけ反日しようと無関心だった日本人が、数年前の韓流ブームなどを通して本格的に関心を持ち始めた結果だと思います。

韓国を含めた世界から見れば、日本が近年何かに目覚めて変な事を言い出したように感じるはずですから、今まで彼らの無理難題な要求にも我慢して付き合ってきたとか、そんな自国サイドの都合の良い言い訳は世界で通用しないでしょう。それはそれ、これはこれです。今まで八方美人の事なかれ主義でやって来たわけですから、日本人にも責任の一端があることは疑いようがないと思います。

正直、書くかどうか悩んだ話題なんですが、当サイトは「総合学」を標榜している以上、具体的な政治の話題もある程度は避けて通れません。皆で仲良くやれるならそれが一番ですが、無理なのであれば時に果断な決断が必要とされます。

本ページの考察は、あくまで枝葉末節のレベルですから、問題の根本解決にはなりません。しかし、2ちゃんねるなどのネットのコメントを見ていると、お互いの国民感情が非常に悪くなっていると危機感を感じましたので、短期的で対症療法的な案を、日本人の視点からいくつか書いておこうと思います。

以前から危惧していた事ですが、より深刻な局面に突入しつつあると感じます。例えば、外国の漫画際で慰安婦の問題を取り上げられたり、韓国人が日本の要人にテロ予告をしたり、韓国に出張していた内閣府職員が変死したりと胡散臭いニュースが次々に飛び込んできます。

こんなニュースを毎日のように見せつけられたら、日本人が韓国に対して否定的感情を持つのも仕方がないことです。韓国は昔から反日の国ですし、それに対して長年無知で無関心だった日本人こそ、大きな反省が必要とされると思います。

感情をコントロールする大切さ

まず、韓国と在日の方達とは分けて考えるべきです。いくら韓国に怒りや不満があっても、敵意を直接在日の方に向けてはいけません。国内では円満解決できる道を可能な限り模索するべきです。その際、日本人の方から関係修復の道を閉ざさない事が重要だと思います。

個人的に嫌いな相手であっても、悪意のある感情を相手に直接ぶつける行為は、結果的に自らの心を醜くしますので、日本人として誇りを持っているのであれば、感情に振り回されないように自省の心を忘れないように心掛けるべきだと思います。もし、感情の赴くままに相手を罵倒したり、蔑むような行為に及べば、その人たちこそ母国を貶めていると思います。

ニュースなどを見て怒りが抑えきれない場合は、ネットやテレビの情報から離れて、しばらく勉学や自省をしながら己を高めることに注力する事をお勧めします。私なんかは10年近く前に韓国の実情を知った時、一時期相手に対する怒りや嫌悪でどうにもなりませんでした。その当時は肉体年齢は20代前半でも、精神年齢は子供のように幼かったので、自分を律することができなかったんです。

ネットの情報に触れるのは、自己修養して自得した後でも遅くはありません。いくら多くの情報を知っていても、それらを冷静で主体的に判断活用できる強い心が身に付いていなければ、何の意味もないと思います。

明らかな敵対行動を取られた際は仕方がない面もあるでしょうが、何十年も日本で暮らしているわけですし、大半の在日の方がそんな軽挙な行動には出ないと信じます。

後、私が嫌なのは、混乱している状況を喜ぶ人達が日本にも韓国にもたくさんいるという事です。多分、他人事だと思っているんでしょうが、実際行き着くところまで行って戦争の当事者にでもなれば、その浅はかさを後悔することになるでしょう。

韓国にどう対応すべきか

前段では韓国人、特に日本にいる在日の方達とどのように仲良く付き合っていくのか、という視点から書きました。ここからは、韓国という国家相手にどう対応すべきかという話に入ります。相手が国家で、日本国外にいる韓国人を対象としているので、より冷静で果断な対応が求められます。

端的に言うと、韓国とは少しずつ距離を置くしかないと思います。というのも、慰安婦問題一つ取っても、彼らの戦略は回りくどいため、真正面から対応することができません。日本を直接責めず、海外で日本の評判を貶める行為に終始していますから、韓国は日本との関係改善に興味はないと早めに見切りを付け、具体的な対策を取った方が良いでしょう。これは、中国に対しても同じことが言えます。

他国で堂々と日本の悪口を言うような国家相手に、遠慮することはないと思います。

1. 慰安婦問題は日本人女性が立ち上がらないとどうにもならない

慰安婦問題に関してはかなりやっかいで、通常の反論では韓国の感情論に同調する人が多くて、あまり効果がないと思います。それが人の人情というものですから、仕方がありません。世界中の国を巻き込もうとしている以上、もはや何が真実かは問題ではなく、今は一刻も早い対策が必要だと思います。仮に冷静に議論するチャンスがあるとしても、それはずっと先の話になるはずです。

過去の日本人は大きな過ちを犯しました。相手がひどく怒っている際は、真偽の検証もせずにとりあえず謝っておこう、なんていう安易な考えを起こしたために、現在大きな禍根を残す結果になっています。

この件に関しては、日本人女性が反論に立ち上がらないとどうにもなりません。男性が何を言ったところで、相手の感情を逆撫でさせ、角が立つためです。その逆撫でさせた部分を相手は執拗に攻めてきますから、男性では勝ち目がないでしょう。

ですから、女性が協力して先頭に立って、「なぜ今その問題を持ち出してくるのか?」「なぜ日本に直接ではなく海外で主張するのか?そんな行為を恥ずかしく思わないのか?」など、真正面から彼らの矛盾点を突いていかないといけません。考えれば、いくらでも日本側が反論する余地はあるはずです。

また、韓国は歴史上中国から何度も支配・侵略されています。それなのに、なぜ日本にだけ悪く言うのでしょうか?なぜベトナムには謝罪しないのでしょうか?そういう脇道に逸れる話題でも、彼らが意図的に無視しようとしている痛い論点ですから、時には必要かもしれません。

もちろん、過激な議論になる可能性が高いですから、女性言論者のセキュリティも考える必要があります。男性が周囲を固める位の対策は当然取らなくてはならないでしょう。ですから、女性自身にも相応の覚悟が必要になります。それ位しないと、彼らとまともにやり合えません。

韓国は対外工作を行うための資金が豊富ですから、日本も国が資金を出して工作機関を作るというのも良いと思います。アメリカ、フランス、ドイツなど、それぞれの国で生活している日本人は、韓国人に比べて非常に少ないですから、数的にも資金的にも最初から不利です。また、海外での日本人同士の結束が弱いのも弱点の一つです。私が10年外国で暮らしていた際、日本人よりも中国人や韓国人と多く付き合っていたのは、その結束の固さゆえでもありました。

本当はこんな事しなくても仲良くやっていければいいんでしょうが、相手がやる気であれば、何らかの対策は取って然るべきだと思います。不毛な争いですが、仕方ありません。

2. 国家間の距離を置く

後、もう日本は政治的にも経済的にも韓国とは距離を置いた方がいいです。そして、少しづつ国際社会で日本と韓国が友好国同士でないことを、認知させていくことが必要だと思います。昔、日本と韓国の共同でスポーツ大会を開いたことがありますが、そのようなイメージは現状日本に利がありませんので、さっさと払拭した方が良いです。

さらに、日本から積極的に距離を置くのではなく、相手から日本と距離を置くように仕向けないといけません。というのも、そうしないと後からまた何か起きた時に、日本のせいと難癖を付けられるからです。彼らから日本と距離を置くようになれば、その結果どうなろうと日本は何も関係ありません。韓国は日本を仮想敵国と認識していますから、日本もそれ位の対応で丁度良いと思います。

ロシアとの北方領土問題を例に取ればわかりやすいと思いますが、日本とロシアの領土問題で他国を巻き込もうとするでしょうか?2国間の問題で、双方とも分別を持っていますから話が飛び火しません。

日本がこれから重視して付き合っていく国は、最低限価値観の共有できる分別のある国家であるべきです。いくら隣国であろうと、また金儲けができると言っても、それらを理由にして大局を見失うなど、本当の国益ではないと考えます。

まとめ

現状、過激になりつつある韓国と今後どう向き合っていけばいいか書いてみました。やはりこういう話題は、書いても楽しくないです。長期的に考えれば、日本人自身が努力を継続して立派になればいいんですが、今回の事案ではそんな悠長な事を言っていられませんので、何らかの短期的対策を考える必要があります。

その際、国家間の戦略で手っ取り早い効果を挙げたければ、自らを高めるよりは相手を引き摺り下ろした方が、労も少なく話が早いんです。韓国は日本の評判を貶めようとする戦略を積極的に取っていますので、日本もある程度は、世界が韓国に対する見方を考え直すような、間接的短期戦略を取る必要があるんじゃないでしょうか。

正しい道を歩んでいれば、ちゃんと国際社会は分かってくれるなんていう想定では甘すぎます。そんな事では、いつか来た道のように、いつの間にか日本が悪者にされているかもしれません。言うべき事は言い、そして行うべきことは行う必要があります。それは、日本人が怒りを溜め込んで、後に大爆発しないための予防策にもなります。我慢強い事は決して美徳とは限りません。

ただし最初にも書きましたが、仮に韓国人に対して不満はあっても、国内にいる在日の人達には悪意を向けないようにしないといけません。もしそんな事を許せば、韓国や中国の主張もあながち間違いじゃない事を、日本人自身が自ら証明することになります。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

▲ページトップへ戻る △トップページへ戻る