外国人から見る日本人の印象 後編

気になるニュース

独楽(こま) 日本文化

前編からの続きです。

Youtubeで日本文化を紹介する外国人

もう一人、日本に長く滞在している外国人を紹介します。随分昔の話なので、どの動画かは忘れましたが、彼は日本に関するあらゆることをYoutubeで海外の視聴者に紹介しています。大半は日本の面白い所を紹介する動画です。しかし、いくつかの動画で、日本に住みたがっている外国人に対して注意を促しています。「日本は君たちが思っているようなパラダイスではない」と。彼は日本が好きだから滞在しています。その彼が、軽い気持ちで来ない方がいいと他の外国人に警告しているのは、印象深かったです。

海外での日本文化の人気について

日本の文化は海外で人気という一面がありますが、よろずが思うにそれは外国の人が日本に抱いている都合の良い幻想に過ぎないんじゃないでしょうか?つまり、「隣の芝生は青い」ということです。好きになってくれるのはうれしいですが、知れば知るほど熱が冷めてしまっては悲しいことです。

賞賛されるのは大好きだけど、批判されるのは受け入れない

視点を日本人の側に移すと、自分たちを誉めるニュースを聞くのは好きでも、逆に批判しているニュースには敏感に拒否する人がいます。たまに掲示板などで、日本のマイナス面を指摘すると、日本が嫌なら出ていけという言う極端な人が見受けられます。郷に入っては郷に従え、ということでしょうか。ただ、自分の国を好きなのは良いことですが、行き過ぎて他人の批判を受け入れる余地がなくなるのはどうかと思います。どこの国も欠点は必ずあるんですから。

空気を読むということ

昔、海外から日本がどう見られているかを扱うテレビ番組がありました。今でもネット上では「海外の反応」というキーワードで検索すると、外国人が日本関連のニュースやコンテンツでどんな感想を持っているかをまとめたサイトがたくさん出てきます。

国民性なのかもしれませんが、周りの目を気にする傾向はあるようですね。「空気を読む」という言葉が、ある時から急に持てはやされましたが、日本人らしいと感じます。確かに、「和を以て貴しとなす」という考えから見れば、間違っているとは思いません。しかし、それが行き過ぎると、人間の個性が平均化していきます。

よろずが子供の頃、「アウターゾーン」という光原伸が描いた漫画を読んだ記憶があります。これは不思議な世界に巻き込まれる人々の各話完結のお話です。あるお話で学生が皆同じ制服を着ています。別にそのこと自体は、私たちの世界と変わらない光景です。しかし、このお話の特徴は、彼ら生徒の顔も皆同じなんです。つまりある年齢に達すると、全員整形によって同じ顔にさせられる、ということです。当然性格も矯正されて個性は存在しません。

個々の外見や性格の違いは、様々な感情(羨望、嫉妬等)の波を生み出します。和を乱さない共同体を作りたかったら、外見も性格も皆同じように整形してしまえばよいという理屈です。確かにその通りだと思います。このお話の最後がどうなったかは忘れましたが、多分ハッピーエンドではなかったはずです。まあ、漫画「アウターゾーン」は元々バッドエンドが多いですけど。

日本のアニメやゲームの発達と日本社会の関係について

日本のアニメやゲームは外国の方に大人気ですし、その影響で日本の社会や文化に興味を持つ人がたくさんいることは、海外滞在中に何度も経験してきました。

そもそも、なぜこの国で多くのエンターテイメントが生まれるんでしょうか?多分閉鎖的な現実社会の反動として、多くの娯楽を発達させる必要があったのではないか、と思います。大半の人にとって、娯楽は所詮娯楽でしかありませんし、娯楽で食べていけるわけでもありません。その娯楽にどっぷりと浸かっていると、現実社会とのギャップに気分が暗くなる人も多いと思います。

Youtubeなどでは、アニメの華やかな世界と現実を比較している英語のコメントを時折見かけます。海外の若い人の中には、アニメの世界=日本社会だと思っている人もいそうです。まあ、よろずもアニメや漫画は大好きですけどね。いずれにしろ、娯楽は行き過ぎない限り、社会にとってなくてはならないものだということには違いありません。

まとめ

日本は島国であり、村社会の価値観が広く浸透している国ですから、和を乱そうとする人は共同体から排除される傾向が強いです。同じような考えの人たちだけで生活できれば、争いも起きづらく心地よいでしょう。しかし、一度間違った道に進むと、誰もブレーキをかける人がいなくなってしまいます。秩序と多様性の間でうまくバランスを取ることが、大きな過ちを犯さないようにする鍵だと思います。ちなみに、上記の独楽(こま)の写真は、日本の伝統的なおもちゃであると同時に、バランスを取って回り続けるという意味で載せました。せっかく日本に興味を持ってくれている外国の人たちが、日本のことを知れば知るほど熱が冷めていっては元も子もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

▲ページトップへ戻る △トップページへ戻る